私の主人の仕事はプロジェクトごとに働く場所が違ってくるので、新しいプロジェクトに参加するごとに、違ったところに単身赴任していました。

転職で拠点を変えた時の話

私の主人の仕事はプロジェクトごとに働く場所が違ってくるので

● 女性 53歳
私の主人の仕事はプロジェクトごとに働く場所が違ってくるので、新しいプロジェクトに参加するごとに、違ったところに単身赴任していました。
そして主人の仕事の需要が落ち込んだ時、人員整理がありそうだというので、さっぱりした性格の主人はそれなら思い切って都会に出て、もっと割りの良い仕事を探そうということになりました。

幸い、主人のような技術を持っている人に働いてほしいという企業はたくさんあり、東京ですぐに新しい就職先を見つけることができました。
どうせまた留守が多くなるのだから、私は引越しすると考えていなかったのですが、やはり転職をするのに心機一転でスタートしたいということで、家族で転居することになったのです。

私にも少しは都会へのあこがれもあったので、それもいいのではないかと思い、転居に賛成しました。
それまで住んでいた町も、結婚して暮らすようになった町なので、それほど愛着があるわけではなかったことも影響しています。
新しい生活拠点となったのは神奈川県でした。
都会とはどんなところだろうと心配していたのですが、まったく心配する必要はありませんでした。
拠点を変えるのは大変ですが、それまでの環境をリセットするにはいいかもしれません。

Copyright (C)2017転職で拠点を変えた時の話.All rights reserved.