昔は一度就職したら長く勤めるいわゆる終身雇用が一般的でしたが、今ではよりよい労働条件で働くためや、自分のスキルアップのために転職をする時代になってきました。

転職で拠点を変えた時の話

昔は一度就職したら長く勤めるいわゆる終身雇用が一般的でしたが

● 女性 46歳
昔は一度就職したら長く勤めるいわゆる終身雇用が一般的でしたが、今ではよりよい労働条件で働くためや、自分のスキルアップのために転職をする時代になってきました。

転職するに当たっては、今と同じ地域で仕事をするか、拠点を移すかで悩むこともあります。今と同じ場所で仕事をする場合は、営業職では特に新規に顧客見つけるのは容易なことではないので、最初は顔見知りがいるところで新しい仕事を始めた方が滑り出しは順調と言えるのではないでしょうか。

しかし、拠点を移すことにも利点はあります。心機一転して仕事に取り組めることや、新しい出会いが期待でき、そこから新しい人間関係が築ける場合があります。また、拠点を変えることで、営業先で元の会社の同僚と顔を合わせることがないことも気分的にはすごく楽です。
もし、元の同僚が大口の契約を取るところを目の前で見せられたら、転職は失敗だったかと後悔し、なかなか立ち直れないと思います。
拠点を変えるのは勇気がいりますが、自分の力を信じて、がんばってみるときっと良い結果がついてきます。

Copyright (C)2017転職で拠点を変えた時の話.All rights reserved.