転職する際に、どうしても自分自身が居る地元で就職活動を考えてしまいますが、現状この厳しい世の中で、なかなか良い転職先が見つからない場合は、地元ではなく拠点を変えた場所で探

転職で拠点を変えた時の話

転職する際に

● 男性 48歳
転職する際に、どうしても自分自身が居る地元で就職活動を考えてしまいますが、現状この厳しい世の中で、なかなか良い転職先が見つからない場合は、地元ではなく拠点を変えた場所で探す必要があります。
特に地方に居る場合は、隣の県や近隣の都会地で就職先が見つかる場合もありますね。私も就職活動をしていた際に、やっぱり地元思考が強かったので、なかなか良い就職先が見つからなく、全国転勤可能勤務先に変えるとすぐに見つかりました。

職種は生産管理の現場管理で、工場系で勤務する従業員の労務管理でした。
新規のクライアント先工場で、従業員が働きやすい環境や従業員の教育訓練などで勤務し、数ケ月後また違う土地の工場で、従業員の教育をしに全国を回っています。地元ではない仕事を選び、拠点を変えた事で就職先がみつかったので良かったと思います。
自分が希望する職種でなかった場合でも、拠点を地元から他に変えることで、自分も勉強になることが多いかも知れません。

Copyright (C)2017転職で拠点を変えた時の話.All rights reserved.